知りたい!ステッカーマグネット

このサイトでは、ステッカーマグネット印刷に関するお役立ち情報を幅広く紹介しています。
印刷をすることの目的や、宣伝で発揮できる効果についてもそれぞれ紹介しています。
ノベルティとして使用できることも紹介されていて、オリジナルの印刷を依頼を専門の業者に依頼する際の流れも、このサイトで紹介している情報です。
グッズとして販売する方法などもこのサイトでは紹介して、さまざまな関連情報をまとめて知ることができるサイトです。

ステッカーマグネット印刷の目的

ステッカーマグネット印刷の目的 ステッカーマグネット印刷は、さまざまな目的で使用することができます。
企業の販売していている商品の、販売を促進する目的でも使用することができます。
商品の販売を促進するためには、より多くの人に商品のことを知ってもらうのが欠かせないことですが、ステッカーマグネット印刷を使用して商品の宣伝をすることで、多くの人に商品のことを知ってもらえます。
ステッカーマグネット印刷で作られた広告物の効果が高いのは、磁石がくっつくところならば、どこにでもつけることができるからです。
紙の上に印刷された広告ならば、ごみとして捨てられたらもう二度と見られることはないですが、マグネット印刷ならば、長期間人の目に触れるところに飾ってもらうこともできます。

ステッカーよりも長く張ってもらえるマグネット印刷

ステッカーよりも長く張ってもらえるマグネット印刷 マグネット印刷は販促効果が高く、近年いろいろな業界において採用されています。
マグネット印刷の場合、水漏れの修理や引越しサービスが利用していることが多く、家庭にある冷蔵庫に何かしらマグネット印刷されたものがある家も多いでしょう。
マグネットはステッカーと違って、はがす際の汚れを気にすることがありません。
どのような業種のものであっても、捨てられにくいというメリットがあげられます。
マグネットはいろいろな用途に活用することができ、家族や一人暮らしなどを問わずに、ゴミの分別方法など見やすい場所に貼っておきたいようなメモを貼るのにも、マグネットは利用することが可能です。
そのためそれほど使う機会がなさそうなショップやサービスの宣伝広告でも、マグネットになっていると捨てられるケースは少なくなるでしょう。
普段から目にしているので、何かトラブルに合った時やほしいアイテムがある場合など、マグネット広告を思い出しそのサービスを利用するかもしれません。
よく見ないで捨てられてしまう可能性があるチラシに比べると、マグネット印刷は費用対効果が高い販促ツールとも言えるでしょう。
冷蔵庫やインテリアなどに貼ることができ、きれいにはがすことができるので便利です。

1枚から注文できる完全自社生産のマグネット印刷

屋外や車などUVラミネート加工のマグネット印刷なら完全自社生産、かんたんで手間なくスピーディにオリジナル商品を製作できる専門店がおすすめです。 マグネット印刷専門店ではこれまで様々な商品を製作し、全国の多くの法人や自治体や個人のお客様の注文を受けてきた実績があるので信頼できます。 また1枚から注文を受け付けしていてデザインは専任デザイナーにより作成していて、修正は何度でも無料で行うことが でき送料や代引手数料も無料です。 マグネット印刷専門店に注文をするにはホームページの見積り依頼フォームで、見積りを依頼すると1営業日以内に返信があります。 次にお客様が見積り内容を了承いただくと手書きかメール本文、パソコンソフトかイラストレーターで完全データを作る かいずれかの方法でデザインを作成し送付します。 するとご注文から2営業日以内に、お客さまよりいただいた情報をもとにデザインを作成しお客様のメールアドレス宛てに添付して送ります。 そしてデザイン確認後お客様からご承諾をいただいた内容で、製作を開始し完成したら宅急便で発送します。

マグネット印刷は入稿前のデータ確認が非常に重要

マグネット印刷は一般的には印刷する数が少ないと割高になってしまうため、大量に印刷するほど単価が安くなると言う特徴があります。また製造する会社も版下を作る際には大量に印刷をすることができることを前提に作成するため、万が一データが誤っていたりすると高額の費用がかかることになり、大きな損失となる場合が少なくありません。マグネット印刷を行う場合には入稿前にデータの確認を確実に行うことが重要となります。 マグネット印刷は印刷できるサイズが限られていることから、デザイン的に誤りでなくても実際の印刷を行った際にそのイメージが異なってしまうと言うことも多いものです。そのためマグネット印刷を依頼する場合には入稿前に確実にデータ確認を行うことができる会社を選ぶことが重要となるほか、事前に様々な注意点を確実に伝達してくれる会社を選ぶことがポイントです。実際に作業を始めてしまうと、万が一誤っていても高額な費用がかかることを注意しなければなりません。

マグネット印刷の仕上がりに違いは出るのか?

冷蔵庫に貼っている方も多いマグネット印刷物ですが、それぞれ比べてみると表面の加工や光沢、ただシールを貼っただけのものなど、よく見ると違いがあることが分かります。 身近なマグネット印刷物は、薄いシート状のマグネットに企業の電話番号・事業案内の宣伝が付いたものや、100円均一などで販売されているキャラクター・可愛いお花・スタイリッシュなポスター風なものです。 街中では、企業の車が宣伝用にドアやバックサイドに貼っている大きなサイズのものがあります。 通常は三層構造になっているマグネット印刷は、マグネットの上に印刷紙があり、その紙に印刷をし最後にコーティングをして出来上がりです。 小さなサイズや・耐久性の必要ないもの、べた塗りで精密さをあまり必要としないデザインのものは通常の製法で十分です。 例えば、野菜や果物を本物のように印刷したい・耐久性を増したいと条件が付くと従来の印刷法では上手くいかない場合も発生します。そこでマグネットの上の印刷紙ではなく直接マグネットへフルカラーで印刷し、コーティングやラミネート加工をし写真のような発色を出すこともでき仕上がりも変わってきます。 結局、違いは出ますので自分に合った印刷の仕上がりを金額も含めて比較検討してから依頼したり、自分で印刷すべきだと思います。

マグネット印刷は無料サービスを使ってお得に利用しよう

マグネット印刷の利用を考えているなら、送料無料などのサービスが使える会社を選ぶとお得です。マグネット印刷は、冷蔵庫に貼れる小型のマグネットシートなどの印刷のことで、お店などの宣伝のために使う人が多いという特徴があります。宣伝を目的としてタダで配布するマグネットシートなら、なるべく安く作れた方が良いと考える人は多いでしょうが、一定の金額以上の注文で送料が0円になるなどのお得なサービスが利用できる印刷会社に発注すれば、制作費を抑えることができる点がおすすめです。 また、マグネット印刷を行っている会社の中には、サンプルを無料で請求できる所も見つかります。マグネットシートを作りたいと思っているが、実際の印刷の質を確かめてから注文したい場合や製品の見本が欲しい場合は、サンプルがタダでもらえる会社を利用するのが良いでしょう。その他にもデザインをタダで作成してくれる会社なども世の中にはあるので、自分でデザインができない人もそのようなサービスを使えばマグネット印刷を活用できます。

マグネット印刷の参考サイト

マグネット印刷はノベルティにも

新着情報

◎2020/12/9

ステッカーをグッズとして販売
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

オリジナルを依頼する流れ
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット ステッカー」
に関連するツイート
Twitter